バイスマ通販は必要?セルフチェックで確認を

EDの疑いに悩む男性EDは男性であれば誰でも発症することがあります。

多くの方は中年男性が発症するというイメージを持っているかと思いますが、EDの原因は決して加齢だけではありません。ストレス、過去のトラウマ、他の病気、服用中の薬…というように様々な原因が考えられますので、若い男性でもEDになるケースは少なくありません。

 

また、EDの知識をあまり持っていないということが原因で、自分にはED薬が必要ないと思っている方は多くいらっしゃいます。

ですが、実はEDだった…なんてこともあるので、自分はEDなのか?バイスマは必要なのか?チェックしていきましょう。

 

バイスマの購入前にセルフチェックで自己診断

EDのセルフチェックをしている男性自分がEDなのかどうか?

病院へ行けばEDの検査を受けることができますが、わざわざ診断のためだけに病院へ行くのは恥ずかしい…。

そういった方は、まずは自分でEDのセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか。

ここではIIEF(国際勃起機能スコア)によるチェック項目をご紹介します。

 

※直近6ヶ月の自分を思い返して以下の質問に答えてみましょう。
回答の左の0~5が点数となります。

 

問1:勃起を維持させる自信はどのくらいある?

1、とても低い

2、低い

3、中くらい

4、高い

5、とても高い

 

問2:性的刺激があたっとき、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さに勃起するか?

0、性的刺激がなかった

1、全く硬くならなかった

2、半分よりとても低い頻度で硬くなった

3、半分ほどの頻度で硬くなった

4、半分よりとても高い頻度で硬くなった

5、毎回硬くなる

 

問3:SEXで挿入後、どのくらいの頻度で勃起を維持できるか?

0、SEXをしなかった

1、全く維持できなかった

2、半分よりとても低い頻度で維持できた

3、半分ほどの頻度で維持できた

4、半分よりとても高い頻度で維持できた

5、毎回維持できる

 

問4:SEXが終わるまで勃起状態を維持するのはどのくらい難しかったか?

0、SEXをしなかった

1、極めて難しかった

2、とても難しかった

3、難しかった

4、やや難しかった

5、困難ではない

 

問5:SEXしたとき、どのくらいの頻度で満足できたか?

0、SEXをしなかった

1、全く満足できなかった

2、半分よりとても低い頻度で満足できた

3、半分ほどの頻度で満足できた

4、半分よりとても高い頻度で満足できた

5、毎回満足できる

 

チェックの結果、点数が低いほどEDの疑いがあります。

総合で21点以下であればEDの可能性があるので、バイスマなどのED治療薬は必要と言えるでしょう。

 

〈結果〉

22~25点:EDの疑いなし

17~21点:軽度のED

12~16点:軽度もしくは中度のED

8~11点:中度のED

5~7点:重度のED

4~1点:EDの疑い

 

EDかも?と思ったらバイスマを

バイスマのパッケージ上記のEDセルフチェックで点数が21点以下だったという方は、ED治療を開始していくことをおすすめします。

基本的にはどこの病院でもED治療薬を処方してもらえますが、やはり専門性のあるクリニックを利用するほうが安心です。

現在ではED専門や男性の悩み専門のクリニックも増えてきましたので、比較的利用しやすくなりました。

ただし、こうしたクリニックは数が多くないので、通院が難しくなるケースもあるでしょう。

 

医療機関であれば医師の診察を受けて最適な治療薬を処方してもらえるメリットがありますが、値段が高い、通院が面倒などのデメリットもあります。

一方、通販であればバイスマのように多数のバイアグラジェネリックから自分で選べますし、時間も場所も関係なく購入できます。

バイスマは1錠たったの430円前後ですから、金銭的に余裕がなくてED治療ができなかったという方でも安心してお試しいただけます。

 

どんな症状でも治療は早い方が良いです。

EDのセルフチェックをしてみて、EDであることが分かればそっとバイスマの力を借りましょう。

バイスマの購入はこちら

バイスマの「通販VS病院」の正解は人によって変わる

医師の診察イメージバイスマを通販で手に入れる場合と病院で処方してもらう場合。

どちらの方法にもメリットやデメリットがあります。

ですから、それぞれのメリットを見た上で、自分に合っている方を選ぶのが正解です。

 

利便性や手軽さ、価格の安さでは通販

用法用量や正規品の入手、併用禁忌では病院

というようになっているので、とにかく安心安全にバイスマなどのED治療薬を使いたい場合は、病院で処方してもらうのが良いと言えるでしょう。

ですが、少しでも価格を抑えたり手軽にED治療薬を手に入れたいと考えた場合には、通販が適しています。

 

通販を利用する男性もちろん、どちらか一方しか使ってはいけないという決まりもありません。

初めて使うときは不安だから病院で処方してもらい、きちんとした使い方を教えてもらう。

そうして、適切な知識を知った後は、通販を利用して価格を抑えて手軽に手に入れるようにするといったようにシフトしていくことも可能です。

バイスマの通販はこちら

バイスマのパッケージ
バイアグラジェネリックの中でも日本向けに製造されているバイスマ。

パッケージも全て日本語で表記されているので、安心して使っていただけます。

英語などの外国語が苦手という場合でも、バイスマであれば容易に使えます。

 

バイスマの購入はこちら

 

バイスマなどのジェネリックには安い以外のメリットもいろいろ

料金のイメージバイスマを始めとしたジェネリック医薬品は、価格が安いという以外にも様々なメリットがあります。

 

成分量が違っている

通常、日本で処方されているバイアグラというのは有効成分であるシルデナフィルの配合量が25mgか50mgのものしかありません。

しかし、海外では100mg以上の成分量を配合しているものもあります。

当然、バイアグラジェネリックも同様に、有効成分量が100mg以上のものというのは珍しくないのです。

 

当然、成分量が多い方がED治療薬としての効果は高くなりますが、同時に副作用も強くなってしまうため、ただただ成分量が多いものを選べばよいというワケではありません。

しかし、成分量が多い錠剤をピルカッターなどで分割して使うといった方法も可能です。

100mgのバイアグラを2分割で50mgのバイアグラと同じものができますし、

4分割すれば、25mgのバイアグラと同じものになります。

 

ただし、分割して使用する場合には切断面からの劣化が早いため、分割後は適切に保管してできるだけ早く使うといった必要があります。

 

形状が違う

バイスマなどのジェネリック医薬品の二つ目の特徴となっているのが、形状などの違いです。

バイアグラと同じように錠剤タイプのジェネリック医薬品も多いですが、錠剤以外にも様々なタイプのものが登場しています。

発泡錠

ゼリー

チュアブル

といったものがあり、それぞれに服用方法やメリットなどが違っています。

発泡錠は水に溶かしてそのまま服用し、ゼリーはゼリーを食べて服用、チュアブルはトローチのように舐めたり噛み砕いて服用します。

 

このように、錠剤を飲むのとは違う方法で服用ができるようになっているので、錠剤を服用するのが苦手という人でも安心して使えるといったメリットがあります。

 

 

見た目が違う

バイアグラほど有名な薬になると、その形状や色を見ただけでバイアグラというのがわかってしまう事もあります。

バイスマなどのジェネリックの場合は、そうした錠剤の形状や色が違うといった特徴もあります。

 

錠剤の形状や色からバイアグラの使用がばれてしまうのが恥ずかしい。

そうした時は、ジェネリックを使ってごまかすといった方法も可能です。

バイスマの場合は、錠剤の色はバイアグラと同じようなブルーですが、錠剤の形状がひし形ではなく円形です。

更にシート自体も、バイアグラの4錠がひし形に梱包されているようなものではなく1錠1錠が横に並んでいるシートになっているため、シートからバイアグラというのがばれてしまう可能性も非常に低くなっています。

 

バイスマの通販はこちら

バイスマのパッケージ
バイアグラジェネリックの中でも日本向けに製造されているバイスマ。

パッケージも全て日本語で表記されているので、安心して使っていただけます。

英語などの外国語が苦手という場合でも、バイスマであれば容易に使えます。

 

バイスマの購入はこちら

 

バイスマがバイアグラよりも安い理由はジェネリックにアリ!

薬を飲む人バイアグラジェネリックであるバイスマの特徴はいろいろありますが、その一つは既に紹介している様に、パッケージなどが全て日本語表記であるという点。

外国語が苦手という人は最適なジェネリック医薬品と言えるでしょう。

また価格の低さというのも大きな特徴であると言えるでしょう。

 

これは、バイスマのメリットというよりはジェネリック医薬品全てに言えるメリットとなっています。

 

では、なぜジェネリック医薬品はその元になった医薬品よりも安いのでしょうか?

ここでは、その疑問にお答えします。

 

ジェネリック医薬品は後発医薬品

バイスマなどのバイアグラジェネリックが安い一番の理由はジェネリックであるから。

では、ジェネリック医薬品とそうでない医薬品は何がどう違うのでしょうか?

 

それを把握するためには、まず基本的な部分を把握する必要があります。

そもそも、ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれており、それぞれのジェネリックには必ず元となる先発医薬品と呼ばれるものがあります。

 

バイスマはバイアグラのジェネリック医薬品なので、バイアグラが先発医薬品となるわけです。

 

最初に治療薬として登場したものが先発医薬品であり、その先発医薬品を研究して作られるのが後発医薬品です。

先発医薬品の開発は、ゼロの状態から治療薬を作り出すため、莫大な研究費用や研究機関を必要とします。

 

故に、新薬が開発されて承認されると一定期間の特許期間が認められています。

その特許期間中は、後発医薬品を製造することができません。

ですから、先発医薬品を作った製薬会社は販売価格に研究費用などを上乗せして、かかったコストを償却しながら利益が生まれるように、薬は割高になってしまいます。

 

それでも、他の製薬会社は同じものを作ることが特許によってできなくなっているため、独占販売が可能となるわけです。

 

しかし、特許期間が終わった後は先発医薬品を開発した製薬会社以外も同じ成分、同じ製法で同様の効果を期待できる医薬品を製造して、販売することができるようになります。

この時、既にできている先発医薬品の研究を行うだけで、いいので比較的短期間かつ、低予算で新しい薬を一つ製造できるようになり、販売も可能となります。

 

そのため、販売価格に研究費用などを上乗せして償却する必要がなくなるので価格を抑えて販売できるというわけです。

ジェネリック医薬品が安い理由はここにあるわけです。

 

バイスマの通販はこちら

バイスマのパッケージ
バイアグラジェネリックの中でも日本向けに製造されているバイスマ。

パッケージも全て日本語で表記されているので、安心して使っていただけます。

英語などの外国語が苦手という場合でも、バイスマであれば容易に使えます。

 

バイスマの購入はこちら