バイスマがバイアグラよりも安い理由はジェネリックにアリ!

薬を飲む人バイアグラジェネリックであるバイスマの特徴はいろいろありますが、その一つは既に紹介している様に、パッケージなどが全て日本語表記であるという点。

外国語が苦手という人は最適なジェネリック医薬品と言えるでしょう。

また価格の低さというのも大きな特徴であると言えるでしょう。

 

これは、バイスマのメリットというよりはジェネリック医薬品全てに言えるメリットとなっています。

 

では、なぜジェネリック医薬品はその元になった医薬品よりも安いのでしょうか?

ここでは、その疑問にお答えします。

 

ジェネリック医薬品は後発医薬品

バイスマなどのバイアグラジェネリックが安い一番の理由はジェネリックであるから。

では、ジェネリック医薬品とそうでない医薬品は何がどう違うのでしょうか?

 

それを把握するためには、まず基本的な部分を把握する必要があります。

そもそも、ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれており、それぞれのジェネリックには必ず元となる先発医薬品と呼ばれるものがあります。

 

バイスマはバイアグラのジェネリック医薬品なので、バイアグラが先発医薬品となるわけです。

 

最初に治療薬として登場したものが先発医薬品であり、その先発医薬品を研究して作られるのが後発医薬品です。

先発医薬品の開発は、ゼロの状態から治療薬を作り出すため、莫大な研究費用や研究機関を必要とします。

 

故に、新薬が開発されて承認されると一定期間の特許期間が認められています。

その特許期間中は、後発医薬品を製造することができません。

ですから、先発医薬品を作った製薬会社は販売価格に研究費用などを上乗せして、かかったコストを償却しながら利益が生まれるように、薬は割高になってしまいます。

 

それでも、他の製薬会社は同じものを作ることが特許によってできなくなっているため、独占販売が可能となるわけです。

 

しかし、特許期間が終わった後は先発医薬品を開発した製薬会社以外も同じ成分、同じ製法で同様の効果を期待できる医薬品を製造して、販売することができるようになります。

この時、既にできている先発医薬品の研究を行うだけで、いいので比較的短期間かつ、低予算で新しい薬を一つ製造できるようになり、販売も可能となります。

 

そのため、販売価格に研究費用などを上乗せして償却する必要がなくなるので価格を抑えて販売できるというわけです。

ジェネリック医薬品が安い理由はここにあるわけです。

 

バイスマの通販はこちら

バイスマのパッケージ
バイアグラジェネリックの中でも日本向けに製造されているバイスマ。

パッケージも全て日本語で表記されているので、安心して使っていただけます。

英語などの外国語が苦手という場合でも、バイスマであれば容易に使えます。

 

バイスマの購入はこちら