バイスマの通販で解消できる悩みの一つED

悩む男性時代の流れと共に増え続けているEDの患者数。

EDとは、Erectile Dysfunctionの頭文字を取った略称であり日本名では勃起不全と呼ばれます。

 

勃起不全という日本名からもわかるように、勃起機能に障害が及ぶ疾患の一つであり様々な症状を発症します。

 

しかしながら、現在ではこのEDを治療する治療薬が多数登場しており、沢山の人がED治療薬を使ってEDを改善して性交渉を楽しんでいます。

 

EDを治療する薬とは!?

EDは、治療薬が登場するまでは治らない病として様々な民間療法が登場しました。

冷水につけて温めるといった温冷療法などが有名です。

 

しかし、こうした民間療法には医学的な根拠は全くないというケースも多く、やってみたけど全く効果が現れずEDの悩みは消えないままなんて言う事も珍しくありませんでした。

 

そんな時に颯爽と登場したのがED治療薬である「バイアグラ」です。

使ったことが無いという人でも、一度は目や耳にしたことがある名前ではないでしょうか?

 

このバイアグラも今では特許が切れて、様々なジェネリック医薬品が登場してきています。

しかし、その多くが海外製という事もありパッケージや説明文が英語というものが非常に多く、ジェネリックを安く手に入れて使いたいけど英語ができないから使えないというケースは沢山ありました。

 

そんな時に、現れたバイアグラジェネリックの一つが「バイスマ」です。

 

バイスマが他のジェネリックと違う点とは!?

薬バイアグラジェネリックの一つである「バイスマ」が他のバイアグラジェネリックと決定的に違うのは、他のジェネリックと同様に海外で製造されているのに、日本向けに作られたものであるため、パッケージや説明文が全て日本語表記になっているという点です。

そのため、初めてバイアグラジェネリックを使うという人でも安心して使う事ができるというメリットがあります。

 

既に、バイアグラを使ったことがあって使い方も適切に把握している場合、その使い方をジェネリック医薬品にそのまま流用する形で使っても問題ありません。

但し、ジェネリック医薬品の場合は、処方してもらえるバイアグラとは違って成分量が多くなっているようなケースもあるので、そうした部分には注意が必要です。

しかし、飲み方などには基本的に変わりはないので、英語であっても使った経験があるなら問題ありません。

 

まったくバイアグラを使ったことが無いという場合は、飲み方も何も分からない状態ですから、そうした時は日本語表記があるバイスマを使った方が安心して使えるというワケです。

もちろん、何度もバイアグラやそのジェネリックを使っているという人がバイスマを使っても、当然同じように効果を得ることができるのでそうした方の使用も問題ありません。

 

 

バイスマは今すぐ通販で手にいれることができる

通販を利用する男性バイスマなどのED治療薬は使ってみたいけど、使えないという人は少なくありません。

持病や今服用している薬との飲み合わせに問題がある場合は、どうやっても使う事はできませんが使えるけど使えないという人もいるわけです。

 

その理由の一つとなっているのが処方です。

病院で処方してもらうのが恥ずかしいという風に感じる人は少なくありません。

EDクリニックへ足を運ぶというのは、自分がEDであるという事を認識する必要があります。

男性であれば、誰もが自分がEDであるというのは認めたくないもの。

男性機能の不全で性交渉ができないというのは、男性としての自尊心がポッキリと折れてしまうようなものです。

だからこそ、誰も自分がEDであるというのは認めたくないわけです。

クリニックに足を運ぶというのは、EDであるというのを認め、その上で医師に縋り付いて薬の力を借りて何とか勃起できるようにするというワケですから誰もが認めたくないものであるというのは理解できるでしょう。

 

しかし、そうした事実を受け止めた上でEDに立ち向かう事は非常に重要な事です。

そうすればEDで全く反応しなかったアソコがバイスマなどのED治療薬で若いころのような元気を取り戻して、以前よりもよりセックスを楽しめるようになるという事も珍しくありません。

 

ですが、自尊心や羞恥心が邪魔をしてクリニックに行けずにEDの悩みを抱えたままという人も多いわけです。

 

そうした人に最適な方法の一つとなっているのが、通販の利用です。

通常のインターネット通販サイトではバイアグラは販売されていません。

しかし、個人輸入の代行といったサービスを利用すれば、海外からバイスマを簡単に手に入れることができるようになります。

 

バイスマの通販(個人輸入代行)って?

考える男性バイスマを手に入れることができる通販は、正確には個人輸入の代行と呼ばれるサービスであることがわかりました。

 

では、通販と個人輸入代行では一体何が違うのでしょうか?

利用する側からすると、実は大きな違いはありません。

サイトを見て、手に入れたいものを選び、支払いをして届くのを待つ。

それだけです。

 

違うのは、通販は商品の売買を仲介して個人輸入代行は個人輸入を代行するだけ。

ここに違いがあります。

実は、通販などで医薬品を売買することは法律によって禁止されています。

 

医薬品にも2種類あり、一つが薬局で販売されている一般医薬品。

そしてもう一つが処方箋医薬品です。

こちらの処方箋医薬品は、医師の処方箋が無ければ手に入れることができません。

ですから、医師の処方箋が無い状態で売買することは法律によって禁止されています。

 

バイスマやバイアグラも当然、処方箋医薬品であるため通販での売買は禁止されています。

 

しかし、こうした処方箋医薬品であっても、法律によって認められているものに関しては海外から個人的に輸入して使用することは認められています。

そのため、日本で処方してもらうよりも安い価格で医薬品を手に入れることも可能となっているのです。

 

バイスマを病院で処方してもらうデメリットやメリットについて

医師からの処方イメージバイスマなどのバイアグラジェネリックを病院で処方してもらうときのデメリットやメリットについて紹介していきましょう。

実際に、バイスマなどを手に入れてEDの改善を行いたいと考えている方は、是非一度参考にしてください。

 

病院で処方してもらうときのデメリットは

・価格が高くなりがち

・診察を受ける必要がある

・病院へ足を運ぶ必要がある

 

病院で処方してもらうときのメリットは

・用法用量の説明が受けられる

・併用禁忌の有無を知れる

・すぐに手に入れられる

 

といったものがあります。

バイスマに限らず、どのような医薬品であっても併用禁忌について把握したうえで

適切に用法用量を守って服用することは必須です。

そうでなければ、命に危険が及ぶ可能性があります。

特に併用禁忌は併用することで、非常に危険な状態に陥る可能性が非常に高いため指定されているわけですから、ここの把握は必須と言えます。

それだけでなく、用法用量の遵守も必須です。

効き目が弱いからと言って用法用量以上の分量を服用すれば、非常に強い副作用を引き起こしてしまう可能性も有ります。

正しい知識を持って使う事は医薬品を使う上で何よりも重要なので、そうした知識を持ち合わせていないという場合には、病院で処方してもらうのが最適と言えます。

 

逆に、そうした部分の不安がなく、用法用量の知識も適切に持っている場合はこれらのメリットはなくなります。

 

すぐに手に入れることができるのもメリットでしょう。

通販の場合は、手に入るまでにそれなりに時間がかかるので、すぐに必要な場合も病院での処方は適しています。

 

ただし、価格面が高かったり、足を運ぶ手間が必要になったり、欲しいジェネリックを取り扱っていないというような場合もあります。

 

バイスマを通販で購入するデメリットやメリットについて

通販を利用する男性ここからは、バイスマを通販で購入するときのデメリットやメリットについて紹介してきましょう。

通販で手に入れることに興味があるという場合や、病院での処方とどちらが良いのかといったことを判断する際にもこのページの情報を役立てて頂けると思います。

 

バイスマを通販で購入するときのデメリットは

・手元に届くまでに時間がかかる

・送料が必要になる

・粗悪品が届く可能性がある

 

といったことがあげられます。

一番のデメリットは粗悪品が届く可能性があるという事でしょうか。

これは、利用する通販サイト次第な部分があるので、評判が良いサイトを利用することで回避することが可能です。

 

しかし、どの通販サイトを使ったとしても手元に届くまでの時間がかかることは避けられません。

多くの場合、2週間程度の時間を要するとされています。

これは、海外からバイスマなどの医薬品を輸入する形になるため、必然と言えるでしょう。

 

送料に関しては、サイトによってかかる費用は変化します。

安い所もあれば、高めの所もあります。

また、ある程度まとめ買いなどをして何円以上になると送料が無料になるといったところもありますので、まとめ買いなどで無料になるような場合には、上手に活用するとよいでしょう。

 

バイスマを通販で購入するときのメリットは

・ジェネリックの種類も豊富で価格が安い

・バイスマ以外の医薬品も一緒に手に入れられる

・スマートフォンやパソコンで自宅や外出先から注文できる

・病院と違って診察時間などの時間的な制限もない

 

といったことがあげられます。

 

通販(個人輸入代行)では、日本で承認されていない医薬品の注文も可能となっています。海外では既に承認されているジェネリック医薬品でも、日本では承認がまだ追いついていないというケースもありますが、そうしたものも手に入れられるようになっています。

 

当然、ジェネリック医薬品であるため価格は低く抑えられていますし、病院で処方してもらう場合は、診察料や検査料などが発生するのに対して、通販の場合はそうした費用は発生せず、送料だけいいことも低価格で抑えられる要因となっています。

 

また、医薬品の個人輸入代行注文はネット通販のようなサイトを介して行うため、スマホやパソコンから注文ができます。

そのため、病院に入るところを見られてEDがばれてしまうといったことも防げますし、そもそも、病院へ行くのが恥ずかしいという悩みも解消することができます。

 

これは、時間的な制約があって処方してもらえるタイミングが少ないという人にとっても良いポイントとなっています。

病院はそれぞれに診察時間があるので、その間に診察を受けてバイアグラを処方してもらう必要があります。

しかし、仕事の時間と診察時間がかぶってしまっていて、受診したくてもできないという人もいるわけです。

ですが、通販の場合はスマホから注文ができるので時間を選ばずに注文ができます。

 

バイスマの通販はこちら

バイスマのパッケージ
バイアグラジェネリックの中でも日本向けに製造されているバイスマ。

パッケージも全て日本語で表記されているので、安心して使っていただけます。

英語などの外国語が苦手という場合でも、バイスマであれば容易に使えます。

 

バイスマの購入はこちら